スポンサーリンク

金融所得課税、据え置き(とりあえず)

税金アーリーリタイア

 以前、首相が変わる前に、記事にした件の続報です。

 私を含め、アーリーリタイアを目指す者にとってはかなり痛い、・・というか、投資をしている人全員が痛い、金融所得課税の増税案でしたが、無事に据え置き(20%+復興税)となりました。以前の記事にも書きましたが、「貯蓄から投資へ」と謳っていたのに、真逆の増税案でしたので、この釈明は納得ですよね。少なくとも今のタイミングではありません。

金融所得課税、当面見直さず 岸田首相:時事ドットコム
岸田文雄首相は10日のフジテレビ番組で、自民党総裁選で掲げた金融所得課税の強化について、「当面は金融所得課税に触ることは考えていない」と述べた。賃金を引き上げる企業への優遇税制の拡充などに触れ、「成長なくして分配はない。金融所得課税を考える前にやることはいっぱいある」と指摘した。

 記事によると岸田首相は、

岸田首相
岸田首相

当面は金融所得課税に触ることは考えていない。

すぐやるのではないかという誤解が広がっている。しっかり解消しないと関係者に余計な不安を与えてしまう。

 と、発言しています。要するに延期ですね。

 ただ、今日までの一連の流れを見ていますと、いざ、増税をするにしても、まず、年間所得が1億を超える超富裕層から累進課税にするようですので、私のような貧乏リタイア組には、そこまで影響が無いという楽観的な期待も出来そう・・。しかし、アーリーリタイアを考えるにあたっては、いきなり一律30%という事態は、資産計画に組み入れておくべきでしょうね。

 数年前から議題には出ている増税案ですので、いずれは必ずやるでしょう。そのときにプギャーとならないよう、心構えはしておかないといけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました