スポンサーリンク

塩野義製薬のコロナ新薬?

雑記

 塩野義製薬の新型コロナウイルスの飲み薬「ゾコーバ」を、厚生労働省が使用を承認しました。少し怪しい噂も出ている薬ですが、新しい選択肢が増えるのは喜ばしいことです。

国産初コロナ飲み薬「ゾコーバ」承認 軽症者も対象(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
塩野義製薬が開発した「ゾコーバ」は、ウイルスの増殖を妨げる働きがあり、軽症者にも使える、国産では初めての新型コロナの飲み薬となります。  政府は薬事承認され次第、塩野義製薬から100万人分の供給を

 軽症者にも使える薬とのことですが、そもそも軽症者には必要が無いような・・。このあたりが日本と海外の考えの差なのかもしれません。
 例えば、インフルエンザの抗ウイルス薬タミフルですが、全世界の使用量の実に75%を日本人が消費しているのをご存じでしょうか。古いデータですが、下記によると2位の米国の使用量20%を大きく引き離しています。

ITmediaビジネスONLINEより抜粋

 海外では、リスクが高い人が使用するものであって、健康な人は、タミフルを使用することでインフルエンザが耐性を獲得し、タミフルが効かなくなってしまうことを懸念して、必要最低限の使用にとどめています。
 日本では、健康な人にもガンガン投与しています。メリットは、「症状がある期間を7日から6.3日に短縮する」だけなのですが・・。

 このようなところから見直していかないと、青天井に社会保険料が上がっていきます。今のコロナは弱毒化し、健康な人の命の危険は無くなりました。そろそろ、現状に合わせた政策をして欲しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました