スポンサーリンク

レーシック手術から15年【節約】

視力節約

 先日、健康診断がありました。数値の結果だけを見ると、健康状態は良好っぽいです。ちなみに視力は両眼1.5を維持していました。
 心身の健康は節約に繋がり、ひいては資産アップにも繋がりますので、アラフォーを過ぎたら、運動や食事管理には、ある程度は気にした方が良いですね。
 私が15年前に受けたレーシック手術は、なかなかに節約効果が高く、また満足度も高いものでした。健康診断での視力検査で思い出した次第です😁

スポンサーリンク

レーシック手術を受けた経緯

 中学生くらいから近視に悩まされており、社会人になるころには、視力は左右ともに0.02くらいでした。1日使い捨てのコンタクトレンズを使用していましたが、1年間で30,000円~40,000円くらいは視力矯正関連で使っていたと思います。そんなとき、急に職場でレーシックをする人が増え始めて、私もその流れに乗りました。
 流行った理由は、約15年前は、「医療保険適用で、実質負担ゼロでレーシック手術が出来るから」ですね。(現状は、適用外の保険会社が多いかと思います。)

うろ覚えレーシック手術

 かなり前の話なので、記憶は曖昧ですが、

  1. 点眼麻酔して、目を閉じられない器具を付けられる。
  2. 気分が悪くなっても、顔が動くので喋らずに黙ってボタンを押すように説明される。
  3. あとは、完全に機械がオートで手術をする?
  4. 痛みは無し。

 「目」ですので手術前は恐怖心がありましたが、なんせ手術時間15分~20分ですので、あっという間に終わりました。なお、今は当時より機械のスペックが上がっているようですね。

レーシック手術後

 手術後、1時間くらい休憩したら保護メガネをかけて帰ります。私は手術後から寝るまでは、目がしみて、まともに開けていられませんでした。が、翌朝起きてみると、しみる事もなく、眼鏡なしでもクッキリと周りの景色を見る事が出来ました。この感動は近視の人でないと分からないと思いますが、本当にやって良かったと思いました。

 それから、3日後、1カ月後、半年後、に検査を受けて異状が無ければ終了です。私の場合は、若干の乱視が残っていること、夜の光が若干ぼやけること、がありますが、15年後も視力を維持していますので、やって良かったと思っています。年間のコンタクト代が無くなったのも大きいですね。

 当時からネガティブなニュースが多い手術でした。医者は誰もしていない。10年後にどうなるか分からない。新しい手術の実験台になりたくない。・・など、言われていました。確かに、そのような側面はあると思いますが、眼鏡無しの快適さ、そして、1年間で30,000円~40,000円くらいコンタクトレンズに使うなら、思い切ってやってみるのも一つの考えだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました