スポンサーリンク

退職の連絡をするのが

億劫面倒くさい辛い 雑記

 部署が違ったり疎遠になった職員に、退職の連絡をするのが億劫です。

さすがに何も言わずに退職するのは、と思って連絡をしているのですが・・、ただただ億劫です。

好きか嫌いかで言えば、嫌い寄りの人と話すのは疲れるし、面倒くさい話にもなるし、お腹がちくちくして、体が痒くなります。

今後の人生で二度と出会わないような人たちには、黙って退職するのが正解だったのでしょうか。

しかし、それはそれで挨拶をしなかったことで気を悪くしなかっただろうか、等と思い悩み、別種の気疲れが生まれそうです。

職場絡みのlineグループを退会するのも気を使います。「退会しました」と表示されない仕様にして欲しいですよね。

最後の最後まで何言ってんだ、と自分でも思うのですが、もはやこの性格は治しようがありません。


八方美人で生きて来たこと。

誰かに嫌われるのが怖いこと。

他人にどう思われているかを気にしてしまうこと。

こんな性格の人間には、この世は生きづらいです。

リタイアという逃げの選択肢がある時代で、本当に良かったと思っています。

完全リタイアすれば、無用なシガラミを断ち切ることが出来ますからね。

4月からの安寧な生活が待ち遠しいです。

コメント