スポンサーリンク

2023年仕事始め

転職アーリーリタイア

 1月10日まで休日という剛毅な会社も世の中にはあるそうですが、都市伝説と思わないと辛いです。勤め先による格差はエグイですが、いまさら言うことでもないですね。
「一月往ぬる、二月逃げる、三月去る」と言います。あっという間に年度末になりますので、3月までの計画は、しっかりと立てておきたいです。

スポンサーリンク

確定申告

 とりあえず確定申告の準備を始めました。1時間~2時間で終わる作業なのですが、どの書類が必要だったか等、1年に1回ですので、いつも忘れています。直前にバタバタしないですむように事前準備中です。とはいっても、ふるさと納税と外国税額控除だけですが。

有給休暇

 以前にも書きましたが、3年で有給休暇を完全消化する計画を立てています。勤め先のシステムが「有給MAX40日、持ち越し20日、4月1日に20日付与」となっており、普通の人は最大で消化しても、1年に20日迄です。

 私は退職年に40日を消化して、迷惑がられるのもメンドウクサイので、2021年度に25日消化(達成済み)、2022年度に25日消化(たぶん達成可能)して、2023年度を残30日でスタートする予定です。しかし、明らかに異常な取り方ですので、「ん?」とは思われているはず・・。

2023年3月の異動

 異動部署がどう考えてもムリな場合は、退職もあります。早期退職制度を利用できず退職金が半分になりますが、健康の方が大事ですね。今からこっそりと勤め先の制度を確認して、損をしないようにしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました