スポンサーリンク

インフレに備える

インフレアーリーリタイア

 この頃、毎日のように商品の値上がりのニュースが流れて来ます。政府は低所得世帯に5万円を給付をしたり、対応をしているように見えますが、物価を上げることは自民党がずっと望んでいたことです。「なんとかせねばならん。」と、表向きは言いつつ、内心はほくそ笑んでいるのでしょう。
 給料が上がっているのなら良いのですが、給料そのままで生活必需品の値段が上がっていくのは、辛いですね。

 約50兆円にもなる日本人のタンス預金に、わざわざ資産課税しなくとも、物価を上げてしまえば、相対的に目減りします。現状は、今更リスクが取れない小金持ちのお年寄りに最もダメージがあるのではないでしょうか。(その層の方々は悠々と逃げ切れるとは思いますが)

 では、日本銀行が目標に掲げている「2%のインフレ率」というのは、どの程度の効果があるのでしょうか。

https://www.sc.mufg.jp/products/wrap/mirai_value/column/5.htmlから抜粋

 これによりますと、2%のインフレ率が継続すると、36年目には「現金資産」が実質的に半減する計算になります。資産形成世代は、これを踏まえて資産運用に励まなければなりません。少なくとも銀行預金一本槍では、よほど稼ぐ能力がある人で無い限り、厳しい未来になりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました