スポンサーリンク

完全リタイアとセミリタイア

選択アーリーリタイア

 アーリーリタイアを目指す私たちにとって、セミリタイアにするか完全リタイアにするかは、大きな選択になります。どちらもメリットデメリットがありますが、私のように年収が低空飛行している方々には、セミリタイアの方が現実的な選択肢になるでしょうか。

 私は、1秒たりとも働きたくないので、効率良くお金を稼ぐことが出来る正社員を続け、完全リタイアを目指してきたのですが、

  • 妻無し
  • 子無し
  • 結婚願望無し
  • 節約〇
  • 実家 中流家庭、最悪頼れる

 という、アーリーリタイアには適した条件が運良く揃っていたので、ゴール付近まで来ることが出来た訳です。

 大卒~30歳代の頃、鬱々と労働していましたが、ふと思い立ってリタイア計画を作り「あと何年オツトメしたら辞められるのか」を計算してみると、最短10年(40歳)で可能と結論付ける事が出来ました。

 嫌な仕事を続けるモチベーションは、ゴールを決めることです。これが現実的な範囲なら、思いのほか頑張れるものです。ゴールが遠すぎる場合は、セミリタイアも視野にいれると良いですね。

 「ショーシャンクの空に」のアンディーも、汚物塗れの配管を這いずって進み自由を手に入れていました。あれに比べれば、私たちの進む道など舗装された綺麗な道だと思います。節約に労働に勤しみ、リタイア目指して頑張りましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました