スポンサーリンク

アーリーリタイアと読書 その12

読書
DSC_0040

 貧乏アーリーリタイアと相性が良い趣味のひとつである読書。図書館で1日楽しく過ごせる方は、アーリーリタイア適正が高いと思います。私も読書はそれなりに好きなのですが、最近、興味をもった本がこちらです。

 城のなかの人 著:星 新一

 星新一は、ショートショートの名手として知っている方も多いかと思います。読みやすいので、私も小学生のときは、江戸川乱歩と星新一ばかり読んでいました。(処刑、鍵、古風な愛、あたりが好み)本作は、珍しく中編ですので、なんとなくスルーしていました。

 歴史モノの中編で、豊臣秀頼の一生を描いています。立派な関白になるように養育され成長していく秀頼ですが、常にひとつずつ時勢に遅れていきます。武芸を学ぶように言われたときは、すでに江戸幕府が開かれており、部隊指揮を学ぶときには、大坂と江戸の関係は最悪になっていました。
 大坂の夏の陣で追い詰められ自害を試みますが、そのとき秀頼はふと理解します。
ああ、つまり、自分の人生とは・・。
最期に「あること」を悟るのです。
 歴史通りですのでハッピーエンドとは言えないですが、読後感は最高ですよ。


 ここからは、お金があまりかからない趣味の二つ目、ゲームの話です。

 半年以上前にsteamで購入した、龍が如く7ですが、先日やっとクリアしました。ドラマパートが長くて、さらに主人公のキャラが自分に合わず2章くらいまでは、なかなかやる気が出ず進みませんでした。ですが、ある程度進むと引き込まれてました。そしてミニゲームの株式総会でお金が稼げるようになったら、サクサク進みます。

山崎くみちょ~と猪狩を社員にすれば、作業と化します。

 のんびりプレイで100時間くらいでクリアできました。最後の方のボスも生命力が高すぎて時間がかかるだけで、強くはなかったです。

龍が如くプレイ時間141時間となっていますが、裏作業している時間が40時間くらいアリ。

 現在、Steamオータムセールをやっていますので、ゲームを買うなら今ですね。今回、セールで買う候補は、イース、英雄伝説、Red Dead Redemption 2、アライアンス・アライブあたりが安くなっていたので検討の結果、、

ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~3696円を購入しました。

 ソフィー2も評判が良いので、順番にやっていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました